フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家

展覧会のみどころ

ポンポンがやってきた! Bonjour!ポンポンがやってきた! Bonjour!

Check! 1

日本初
フランソワ・ポンポン回顧展

ポンポンが彫刻家として認められたのは、晩年の1922年、67歳の時です。サロン・ドートンヌにて長さ2.5mの大きな石膏の≪シロクマ≫を出品、しなやかで力強い生命感と、堂々とした安定感をもったこの作品は初めて高く評価されました。また、愛好者向けに作られた卓上サイズの≪シロクマ≫がアール・デコ様式の室内に調和する動物彫刻として、注文が舞い込むようになります。
本展では無名時代の初期作品から、評価された晩年に至るまでの作品を総合的に展示し、ポンポン作品の全貌を日本で初めて見ることのできる、必見の展覧会です。

Check! 2

《 シロクマ 》だけではない、
ポンポンの動物彫刻の世界

ポンポンは、シロクマの彫刻だけを制作していたわけではありません。自ら飼っていたペットの猫や鳩、別荘のあったノルマンディー地方の田舎で見たアヒル、ガチョウ、牛や豚、またパリの動物園で観察したキリン、カバ、ペリカンや鹿などを多数彫刻にしています。ポンポンの観察眼、動物の特性を生かした美しいシルエットも見どころです。

Check! 3

ポンポンのアトリエから寄贈された作品を所蔵する
ディジョン美術館からの初出品

ポンポンゆかりの地、ディジョン。彼が通った美術学校が創設されたのは1766年。美術館はその付属施設として、1787年美術学生のために作られました。ディジョン美術館はルーヴル美術館開館よりも早い、フランス最古の美術館の一つです。本展覧会ではこの館が誇るコレクションの一つ、1948年にポンポンのアトリエから寄贈された貴重な作品の数々を出品、本邦初公開です。

ポンポンの動物彫刻たち

  • 《シロクマ》 1923-1933年 / 大理石 群馬県立館林美術館

    《シロクマ》 1923-1933年 / 大理石
    群馬県立館林美術館蔵

  • 《ヒグマ》 1918-1926年 / ブロンズ 群馬県立館林美術館

    《ヒグマ》 1918-1926年 / ブロンズ
    群馬県立館林美術館蔵

  • 《ペリカン》 1924年 / ブロンズ ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館寄託)

    《ペリカン》 1924年 / ブロンズ
    ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館より寄託)

  • 《キリン》 1906-1929年 / ブロンズ ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館寄託)

    《キリン》 1906-1929年 / ブロンズ
    ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館より寄託)

  • 《ワシミミズク》 1927-1930年 / ブロンズ パリ、オルセー美術館蔵

    《ワシミミズク》 1927-1930年 / ブロンズ
    パリ、オルセー美術館蔵

  • 《ホロホロ鳥》 1927-1930年 / ブロンズ 群馬県立館林美術館

    《ほろほろ鳥》 1910-1912年 / ブロンズ
    群馬県立館林美術館蔵

  • 《錦鶏(キンケイ)》 1933年 / 真鍮 ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館寄託)

    《錦鶏(キンケイ)》 1933年 / 真鍮
    ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館より寄託)

  • 《ハゲコウ》 1926年 / ブロンズ ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館寄託)

    《ハゲコウ》 1926年 / ブロンズ
    ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館より寄託)

  • 《牝豚》 1918年 / ブロンズ 群馬県立館林美術館

    《牝豚》 1918年 / ブロンズ
    群馬県立館林美術館蔵

  • 《鳩「ニコラ」》 1926-1927年 / ブロンズ 群馬県立館林美術館

    《鳩「ニコラ」》 1926-1927年 / 石膏
    群馬県立館林美術館蔵