フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家

開催概要/巡回情報

2021年7月、日本初、
フランスの彫刻家フランソワ・ポンポン
(François Pompon,1855-1933)の回顧展を開催いたします。

本展は、ポンポン初期の作品から 1922 年のサロンで大絶賛を受けた代表作≪シロクマ≫を生み出し、名声を確立していくまでの 彼の作品と生涯の魅力に迫ります。
当展覧会は、ポンポンの本国フランスからの特別出品として、ポンポンが建築と彫刻の基礎を学んだ美術学校があり、ポンポン最大の支援者であったディジョン市のディジョン美術館、出生地ソーリューにあるフランソワ・ポンポン美術館、パリのオルセー美術館、そして国内でまとまった数のコレクションをもつ群馬県立館林美術館の約90点の作品で構成、彼の制作の全貌をたどる日本初の回顧展です。
オルセー美術館にある実物大の巨大 彫刻≪シロクマ≫を作り、その他多くの動物をモデルに彫刻を生み出した フランソワ・ポンポンは、20世紀初頭のアール・デコ期に人気を博した動物彫刻家です。彼の作品の特徴は、鳩や猫、犬など身近な動物から豚や牛など農場でみる家畜、キリンやヒグマ、シロクマなど動物園でみることが多い 異国の動物まで、その生態を詳しく観察し、極限まで細部をそぎ落としシンプルでなめらかな造形にした点です。大部分の作品が18cmから28cmと比較的小型で愛らしさ を兼ね備えています。ユーモラスなオラン・ウータンの表情、茶目っ気のあるペリカン、太陽の下であくびをするカバなど、幸福さをたたえたポンポンの彫刻は生きる喜び を体現していて見る人に幸せな気持ちと微笑みをもたらします。
この展覧会は、京都市京セラ美術館で開催後、名古屋市美術館、群馬県立館林美術館、佐倉市立美術館他1館を巡回予定です。

京都展
2021年7月10日(土)-9月5日(日)
会場

京都市京セラ美術館<本館北回廊2階>

https://kyotocity-kyocera.museum/

京都会場の詳細はこちら

https://www.ktv.jp/event/pompon/

開館時間

10:00-18:00

※入場は閉館の30分前まで

※開館時間は変更になる場合がございます

休館日

月曜日

※祝日の場合は開館

アクセス

【電 車】

  • 地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
  • 京阪「三条駅」・地下鉄東西線「三条京阪駅」より徒歩約16分

※滋賀方面からお越しの方は、京阪・JR・地下鉄東西線「山科駅」から地下鉄東西線「東山駅」へのお越しが便利です。

【市バス】

  • JR・近鉄・地下鉄「京都駅」から

A1のりば: 5系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
D1のりば: 100系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
D2のりば: 86系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

  • 阪急「京都河原町駅」から

Aのりば:岡崎ループ号「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ
Eのりば: 46系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
Hのりば: 5系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

  • 京阪「三条駅」から

Dのりば: 5系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
岡崎ループ号: 「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ

主催

京都市、関西テレビ放送、朝日新聞社

企画協力

美術デザイン研究所

協力

群馬県立館林美術館

京都市京セラ美術館における新型コロナウイルス対策

①体温チェックの実施:入館時に体温チェックを実施しています。37.5度以上の熱がある方は、ご入館いただけません。
②館内の滞留人数の把握:滞留人数を把握するシステムにより、入場者数をコントロールしています。
③お客様へのお願い:館内ではマスクの着用が必要です、手洗い・手指消毒にご協力をお願いします。
人と人の間隔の確保をお願いします。

愛知展 coming soon
群馬展 coming soon
千葉展 coming soon